Galaxy S21 Ultraアフターパーツレビュー!Ringkeのカモフラ柄に一目惚れして新たなケースを衝動買い!!

ガジェット

こんにちは、またまた寝不足気味なロータスです。

今までGalaxy S21 Ultra用に購入した2つのケースをレビューしてきました。

一応、使い分けとしては平日:純正LED VIEW COVER、休日:Ringkeクリアケースで確定し、利用していたのですが、たまたま今回のケースを見つけてしまいました!

現状、一番気に入っているケースなので早速レビューしていきたいと思います!

この記事のポイント
  • Galaxy S21 UltraのTPUケースのご紹介
  • Ringkeのケースは、保護性能、デザイン、コストパフォーマンスのバランスが良いケースです!
  • カモフラ柄が好きな方には特におすすめ!

※『Galaxy S21 Ultraの情報をまとめた記事も作成していますので合わせてご覧ください!

買ったもの

購入したのはRingkeの『Fusion-X (Camo Black) ストラップホール付き 指紋防止 [米軍MIL規格取得] ケース』になります。

前回のクリアケースと同様、またRingkeの商品です、、、

価格は1,099円と悩むほどの金額ではないですが、3つ目のケースということで購入までちょっと悩みました。

しかしこのデザインに一目惚れしてしまいました!

そう、私、カモフラージュ柄が好きなんです!!

商品レビュー

Ringke Fusion-X (Camo Black) ストラップホール付き 指紋防止 [米軍MIL規格取得] ケース

開封

クリアケースの時と似たような包装です。この時点でカモフラ柄がうっすら見えていてテンションが上ります!

開封しました。キレイなシースルーのカモフラ柄です!

クリアケース同様、背面部分に傷防止の保護シールが貼られています。

保護シールを剥がしてみました。

カモフラ柄は期待通りです。周りのバンパー部はブラックになっており、「米軍MIL規格取得」の通り、しっかりスマホを守ってくれそうです。

装着

実際に装着してみました。

カモフラ柄のシースルー部分にスマートフォン背面のカラーがうっすら透けて見えてかっこいい!

ブラックのバンパー部の影響でスマートフォンが一回り大きくなった印象です。ただバンパー部は滑りづらく、持ちやすくなりました。

マイク穴、スピーカー、充電端子とも位置はピッタリで、充電端子周りも大きめに空いているのでType-Cケーブルも差しやすくなっています。

左側面にはストラップホールのみ、右側面には音量ボタンと電源ボタンがあり、位置はピッタリです。

ストラップホールが両側にあるのがRingkeのケースの特徴です。

さり気ない「FUSION-X」のロゴがかっこいい、、、

クリアケースと同様、カメラ周りは数mmケースの方が高いので、カメラ部分の傷は付きづらくなっています。

なおカメラ部分には新しい保護パーツを貼っていますがそれはまた別のレビューで。。。

背面下部には「Ringke」のロゴが。

斜めから見るとなんとカモフラ柄が浮いているように見えます、これもかっこいい!

四隅にはネジっぽいデザイン重視のパーツがありますが、ただのゴム素材です。

クリアケースとの比較

並べてみると、やはりカモフラ柄ケースの方が一回り大きいです。

よくよく見ると、クリアケースはサイズが大きくなりすぎず、スマートフォン本体背面のカラーを活かせるのでこれはこれでイイ・・・。

カメラ周辺の盛り上がりはカモフラ柄ケースの方が若干高いようです。


最後に改めて全景と接写ショットを。

バンパーのいかつさと、シースルーのカモフラ柄のかわいさで、かっこかわいいスマートフォンになった!と個人的には思っています。

まとめ

今回はRingkeのカモフラ柄ケース『Fusion-X (Camo Black) 』をレビューしました。

何回、かっこいいを書いたか分かりませんが、本当にお気に入りのケースになりました!

今後のケースローテーションは平日:純正LED VIEW COVER、休日:Ringkeカモフラ柄ケースとなりそうなので、クリアケースの出番はしばらく無さそうです・・・。

金額はそれほど高くないので、カモフラ柄が好きな方はもちろん、他の人とちょっと違ったかっこかわいいケースをお探しの方にもとてもおすすめです!

ロータス
ロータス

以上、少しでも参考になれば嬉しいです!

ではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました