テレワークを快適にする便利グッズをご紹介!会議用スピーカー編!!

ガジェット

こんにちは、ロータスです。

今回はテレワークを快適に行うための便利グッズ『オンライン会議用スピーカーフォン Anker PowerConf S3』をご紹介します。

ロータス
ロータス

オンライン会議が増えてきたので、スピーカーとマイクの性能をアップしたい!

この記事のポイント
  • オンライン会議で使えるワイヤレススピーカーフォンのご紹介
  • これ一台でマイクもスピーカーもOK!
  • 持ち運びできるサイズ感で、バッテリーも積んでいるのでモバイルバッテリー替わりにもなる!

はじめに

今回購入した商品はAnkerから発売されている『Anker PowerConf S3』になります。

Amazonプライムデー期間に購入したので通常より若干お安く買えました。

楽天などでも購入できますが、Anker製品はその安さからAmazonでの購入が断然おすすめです。

また兄弟商品として『PowerConf』『PowerConf+』という商品も発売されています。

PowerConf(S3が付いていないもの)は2020年春のテレワークが広まってきた頃に会社用に2台購入しており、現在でも会社でオンライン会議用に活用しています。

スペック

商品仕様
メーカーAnker
サイズ(W×H×D)約124mm × 124mm × 28mm
重量約340g
オーディオ出力3W
接続方法Bluetooth / USB Type-C
通信方式Bluetooth 5
バッテリー容量6700mAh
連続通話時間最大24時間
電源LED赤色に点灯:充電中
白色に点灯:満充電 (本体の電源がオフの場合は消灯)
赤色に点滅:要充電

使用レビュー

外観

箱の表記はすべて英語でした。

箱は縦開きで本体は付属ポーチに収納されています。

箱の中には本体、収納ポーチ、Type-Cケーブル、取扱説明書(日本語あり)が入っています。

付属のポーチはソフトで傷や衝撃から守ってくれそうな素材です。

本体の正面と裏面です。
正面はファブリック素材になっており、ITガジェットとしては珍しいです。
上部には静電式のミュートボタン、電話ボタン、音量ボタン、再生/停止ボタンが付いており、ボタンが大きめなので操作しやすいです。

背面はゴムの滑り止め付きになっています。

本体前面には左に電源ボタンと電源LED、右にBluetoothペアリングボタンとBluetoothLEDが付いています。
本体背面にはUSBポート、AUX OUT、POWER(Type-C)ポートが並んでいます。

本体の四隅と側面には計6つのマイクが備えられています。

本体のアップです。ファブリック素材は独特で、PowerConfは硬いハードプラ素材だったので、だいぶ印象が異なります。

高級感高あり

初期設定

本体の電源ボタンを長押しすると、起動音とともに左側の電源LEDが白点灯、右側のBluetoothペアリングLEDが青点滅します。

パソコンとの接続

Windows10パソコンの場合は、Bluetooth設定から『Bluetoothデバイスを追加』すると、『Anker PowerConf S3』という名前で登録できます。

s

スマートフォンとの接続

Ankerの公式アプリ『soundcore』から設定を行います(アカウント登録が必要です)

アプリ画面上の接続ボタンを押すと、Bluetooth設定画面になり、『Anker PowerConf S3』を選択すると接続ができます。

アプリ設定

アプリ起動画面では、音量調整、マイクのミュート、サウンドモード(シングルモード/グループモード)の切り替えができます。

設定画面ではファームウェアバージョンの確認ができ、音声プロンプトとステータスLEDのON/OFF、オートパワーオフの時間設定、ファームウェアの更新を行うことができます。

またアプリ起動画面右上の電源ボタンを長押しすると、本体の物理スイッチを押さなくてもソフト上で電源OFF処理ができて便利です。

使ってみて

本体を机の上に置いてみると、コンパクトなのでどこに置いても邪魔になりません。

薄くて軽い筐体

Zoomミーティングで利用してみましたが、音の広がりはありませんがスピーカーの音量は充分で、会話がはっきり聞こえるという点は合格です。

またマイクの集音性能も良く、1m以内であればはっきり相手に声が伝わるようです(シングルモードで利用)

ロータス
ロータス

声がくっきりはっきり聞こえる❕

声を拾っているマイク位置のLEDが青色に光るのでどの向きの声を拾っているのかが視覚的に分かります(一人で利用する分には意味ないですが)

また中央のミュートスイッチを押すと、赤色のLEDが点灯します(利用するミーティングアプリによってミュートされないことがあるのでご注意ください)

まとめです。

  • ファブリック素材の外観が好み
  • スピーカー音量、明瞭度がオンライン会議にマッチしている
  • マイク性能が必要十分以上(Webカメラのマイクよりもずっと高性能)
  • サイズがコンパクトで持ち運びしやすい、ポーチにピッタリ収納できる
  • モバイルバッテリーとしても使えるので、いざという時に安心感がある
  • パソコンとスマホのマルチペアリングができたのでいろいろ使い分けができそう

  • 収納ポーチが本体以外の収納スペースがないため、ケーブル類は別で持ち運ぶ必要あり
  • 普段は無線で利用しているが、まだバッテリーの持ち時間は未知数

終わりに

今回は、『Anker PowerConf S3』をご紹介しました。

Amazonで少し安く買えましたし、オンライン会議での通話環境はこの一台で完璧なので、テレワーク時にオンライン会議を行う方にはとてもおすすめです!

ロータス
ロータス

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました