テレワークを快適にする便利グッズをご紹介!キーボード・マウス!!

ガジェット

こんにちは、ロータスです。

今回はテレワークを快適に行うための便利グッズ『ワイヤレスキーボード・ワイヤレスマウス』をご紹介していきます。

ロータス
ロータス

入力デバイスは仕事の生産性に大きく関わるから使いやすいものを使おう!

この記事のポイント
  • ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウスのご紹介
  • ロジクール製品はほんとおすすめ
  • 入力デバイスとして費用対効果が高い

はじめに

私が利用している商品はロジクールのワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスロジクール ワイヤレスマウス キーボード セット MK295OWロジクール ワイヤレスマウス M557GRになります。

キーボードセットは楽天で、マウスはAmazonで購入しています。

MK295OWにもワイヤレスマウスが付属されていますが、進む戻るボタンが無い普通の3ボタンマウスなので、マウスは機能の多いM557GRに交換して利用しています。

付属マウスは予備へ

スペック

         ロジクール ワイヤレスキーボード MK295GP
本体サイズキーボード:441 x 149 x 18mm 498g
付属マウス:60 x 99 x 39mm 75.2g
キーレイアウト108キー日本語レイアウト
使用電池キーボード:単四形乾電池 x 2本
付属マウス:単三形乾電池 x 1本
対応OSWindows 7、8、10 以降、Chrome OS
接続I/FUSBレシーバー
カラーブラック・オフホワイト
         ロジクール ワイヤレスマウス M557GR
本体サイズ57 x 99 x 34mm 149g
使用電池単三形乾電池 x 2本
対応OSWindows 7、Windows 8、Windows 10、
Chrome OS、Mac OS X 10.6.8以降
接続I/FBluetooth
カラーグレー・ホワイト・レッド

使用レビュー

ワイヤレスキーボードセット

キーボードはフルサイズの日本語配列で静音設計なので、クリック感覚が良いまま静かに入力ができます。

キー部分は盛り上がっており打ちやすい形状です。

キーボード上部には8つのショートカットキーが搭載されており、特に音量調整ボタンとPCサスペンドボタンがデスクトップパソコンでは便利です。

8つのショートカットキー

ワイヤレスマウス

ワイヤレスマウスはコンパクトなサイズで適度な重量感があります。

コンパクトで使いやすい

本体上部にはWindowsキーのボタンが付いています。

ホイールボタンはクリック音がしない静音タイプで水平スクロールにも対応しています。
標準ではホイールの左右はブラウザの「進む戻る」に対応しています。

これはもう2台目

これが私の入力デバイス環境です。

この環境で不便なし

使ってみて

ワイヤレスキーボードは静かで日本語フルサイズなので入力がしやすく、この価格帯の中では文句のつけようがありません。ショートカットキーやテンキーも付いており生産性爆上がりです。

ワイヤレスマウスは現在2台目で通算5年くらい使っているのですが、コンパクトな中に必要な機能が詰まっているので全く不便はありません

ロータス
ロータス

どちらも費用対効果が高い❕

まとめです。

  • キーボードはキー入力のしやすさ、静音性、ショートカットキーなど最高に使いやすい
  • マウスはホイール左右の「進む戻る」機能が超便利
  • マウスはBluetooth接続なので、接続出来る機器が多い
  • どちらも無線接続で配線が無いので見た目がスッキリしており、誤動作も今のところ無い
  • ワイヤレスキーボードセット付属のマウスは利用しないのでもったいない

終わりに

今回は、ロジクールのワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス『ロジクール ワイヤレスマウス キーボード セット MK295OW』『ロジクール ワイヤレスマウス M557GRをご紹介しました。

価格もお手頃で、パソコンへの入力環境がとても快適になるのでどなたへもとてもおすすめできる商品です!

ロータス
ロータス

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました